骨盤枕を作ろう

骨盤枕は買い求めることもできますが、そういったものを使用しなければ痩せることができないということはありません。

 

そういった商品は骨盤枕ダイエットに適したように作られてはいますが、市販のものを買わずに自分で作ることも可能なのです。

 

自分で作る場合は、バスタオル2枚とビニール紐を用意しましょう。

バスタオル2枚を重ねたら、正方形になるように2回折ります。

そして、それをロール状に巻いていき、ビニール紐をぐるぐる巻いて固定していきます。

 

バスタオルを巻くのがゆるいと崩れやすくなってしまうので、きつめに巻くのがポイントです。

完成した骨盤枕の直径が、10cmほどであれば成功です。

 

これより細いと効果があらわれにくく、太いと腰痛になりやすくなってしまいます。
ちょうどいい直径が10cmなので、これを目安に作るようにしましょう。

 

運動をする習慣がない人や身体の柔軟性に自信が無いという人は、10cmよりも細くした方がいいかもしれません。

骨盤枕ダイエットを実践して腰痛になってしまったらよくないので、無理のない範囲で行うことが大切です。

 

骨盤枕ダイエットは5分ほど行うといいとされているので、最初は平気でもだんだんとつらくなってくることもあります。
そういったことを踏まえた上で、適切な太さにしておくことが大切なのです。

バスタオルで作った骨盤枕は、幾度が使ううちに崩れてしまいます。
崩れてしまったらもう1度まき直して、調整していくようにしましょう。

 

 

Comments are closed.