肩甲骨ダイエットの基本ストレッチ

ストレッチで肩甲骨を刺激することで、脂肪が燃えやすくダイエットになるとされていますが、具体的にはどうするのでしょう。肩甲骨の上下運動ストレッチでは、足を肩幅くらいに広げて真っすぐに立ちます。息を吸いつつ、頭上に手を上げて両手同士をくっつけます。次に手のひらを外側に向け、ひじを少し後ろに引き肩甲骨が中央によるように意識しながら腕をゆっくり下します。

 

腕をおろしている時は肩甲骨が中央に寄り続けているように意識しつつ、胸の高さまで腕をおろします。肩のまわりをよく動かし、運動効果を高めるには、左右の肩甲骨が真ん中に寄るようなポジションをつくることです。上下、左右に肩甲骨を動かす方法もあります。つま先は外側に向くように、両脚の幅は肩幅より広いくらいにしてリラックスして立ちます。ひじを曲げずに腕を前方に伸ばして交差させます。親指は後ろ側に向けて、そのまま腕をゆっくりと頭の上にまで上げます。腕を上げるときは半円を描くようにします。

 

横に腕を開き、頭上で交差を解きます。肩甲骨を真ん中に寄せるように意識して腕を下しましょう。開いた腕は肩の高さで止めた状態から手を前でクロスさせる姿勢に戻します。普段は使わない奧の部分の筋肉まで、このストレッチで刺激できます。効率的にダイエットをしたいのであれば、肩甲骨を使うストレッチを朝と晩に5分ずつ行うといいでしょう。

 

 

 

 

 

Comments are closed.