骨盤枕ダイエットで気を付けること

骨盤枕ダイエットに初挑戦する人は、はじめに気を付けなければいけないことを知っておきましょう。

特に大切なのが無理をしないということです。

どの場所に骨盤枕をセットするかで、姿勢を保つ時間は違ってきますが、最長でも5分が推奨されています。

その時間を倍にしたところで、骨盤枕ダイエットの効果が高くなることはありません。

運動などは、長い時間続けることで消費カロリーを増やしてダイエット効果を高めることは可能です。
ですが、骨盤枕ダイエットは運動ではなく、骨盤を矯正するためのものです。

そのため、長時間行ったところでたった1度で身体が劇的に変化するということはないのです。

それから、どの場所で行うかというのも大切な要素となります。

たとえば、ベッドの上で行うと下がふわふわとやわらかいので、効果があらわれにくくなってしまいます。
じゅうたんや畳の上など、ある程度かたさがある場所で行うことをおすすめします。

また、姿勢を保つということも重要なポイントとなります。

同じ姿勢をしばらく続けるというのは、簡単ではありません。
そのため、開始から1分は姿勢を保つことができたものの、最後方のは姿勢を保つことができずにただ寝転がっただけだったという人も少なくありません。

これでは思ったような効果はあらわれないので、しっかり姿勢をキープするようにしましょう。

骨盤枕ダイエットは心身が穏やかな状態で、行うといいと言われています。
入浴後など身体が温まってリラックス状態になっているときに、行うといいでしょう。

 

 

Comments are closed.