骨盤ダイエットの効果

骨盤ダイエットには色々な作用があると言われていますが、体にはどういった作用があるものなのでしょう。骨盤は内臓を支えているものですので、ゆがみがあると内臓はどんどん下に下がり下腹がぽっこりと出てしまいます。骨盤が開くとお尻の筋肉のゆるみにつながるため、お尻が垂れさがって見える原因になります。人間にとって体の基軸となる骨が歪んで下がるのですから、当然そこにつく肉も歪んで下がって見えます。とくに女性は産後に骨盤が開き、お肉や脂肪が付きやすい状態になってしまいます。

 

すべて骨盤のゆがみが原因ですので、骨盤ダイエットでゆがみを治すことで改善することができます。骨盤が歪むことと、顔にむくみが出ることは密接な関係があります。頭がい骨とは、23個の小さな骨が組みあわさったものです。骨の中の後頭骨という骨は骨盤と連動していて骨盤の呼吸と同時に微妙に動いているのです。骨盤の歪みが広がり、開閉がスムーズにいかなくなると、頭蓋骨も影響を受けます。顎の筋肉や首の後ろの部分に不要な力が入ってしまい、エラが張って見えることがあります。

 

体調によって顔がたるんで見えるという場合は、骨盤のひらきが関係していたりします。骨盤のゆがみが原因なので骨盤ダイエットでゆがみを治すことで改善できるといいます。骨盤のゆがみが原因で生理痛や頭痛、便秘や冷え症、不眠なども起こります。骨盤ダイエット体操をすることでダイエットだけではなく健康な体を手に入れることができるでしょう。

 

 

 

Comments are closed.