骨盤枕ダイエットの方法

いろいろなダイエット法がありますが、骨盤枕ダイエットというのはとてもシンプルで、骨盤枕を置いてその上に横たわるといった方法です。

 

 

誰でも簡単に実践できるというのが、骨盤枕ダイエットの魅力の1つと言えるでしょう。

 

 

はじめに、かかとからお尻までを床に密着させた状態で座って、お尻の後ろに骨盤枕をセットします。

 

 

そして、時間をかけて後ろに倒れていって、おへその裏側に骨盤枕がくるような姿勢をとります。

 

 

横たわったら両方の手を上に向けて伸ばして、両手の小指同士が密着するようにして手のひらは床に置いておきます。

 

 

足は八の字になるように開き、親指同士を密着させてかかとは離しておきます。

 

 

その姿勢で5分くらいじっと横になっていましょう。

 

 

両手と両足をまっすぐにした姿勢をとるのが骨盤枕ダイエットの特徴ですが、はじめはこの姿勢がつらいかもしれません。

 

 

単純に横たわるだけでは痛みは生じませんが、腰に骨盤枕をセットすることで骨が矯正されていきます。
その際に、ひどく歪んでいる人ほど痛みが生じてしまうのです。

 

 

はじめから負担が大きいと続けるのが嫌になってしまうので、最初は1分程度でもかまいません。

 

 

痛いのを我慢して続けると腰痛が引き起こされることもあるので、自分で調整するようにしましょう。
とはいえ、1分だけでは効果があらわれにくいので、1分を1セットとして5セットほど行うといいかもしれません。

 

 

終わった後に腹筋を使って上体を起こすと腰が痛くなりやすいので、いったん横向きになってから上体を起こすことをおすすめします。

 

 

Comments are closed.